HOME >  プロポリスの基礎知識 >  プロポリスとは

プロポリスとは

語源は「敵の攻撃、侵入を防ぐ」という意味

突然ですが、プロポリスって何か知っていますか?
「健康に良さそう」「ローヤルゼリーの仲間?」など、なんとなく聞いたことはあるけど、実際に口にしたことはないし…という方もいらっしゃるでしょう。

そんなあなたにぜひ知っていただきたいのが、私も大好きなプロポリスです(大好きになったきっかけは後ほどくわしく…)。こんなにすばらしいものを知らないなんて損! と言いたくなるほど、プロポリスは素晴らしい効能がいっぱいなんです。

プロポリスの語源は、ラテン語の「PRO」(前、正面)とギリシャ語の「POLIS」(都、国家)を合わせたもので、「敵の攻撃や侵入を防ぐ」「都市国家を守るもの」という意味なんだそう。
その名のとおり、プロポリスとは、ミツバチが外敵から身を守るため、植物を材料に巣箱の隙間や内壁に塗り固めて作る粘土状物質のことなのです。

ミツバチはこの粘土状の物質を入り口に塗ることで、巣の出入り口を狭くして敵の侵入を防いだり、巣を補強したり、保温状態を一定に保ったりしています。
またプロポリスには殺菌効果もあるため、有害物質から身を守ったり、巣の内部を無菌状態に保つことができるのです。

さまざまな効果・効能

本来ミツバチたちが、自分の身を守るためのプロポリス。だからこそ優れた効果・効能があります。

たとえば…

  • 免疫力を高め、病原菌の侵入を防ぐ(風邪をひきにくくなる。ひいても治りやすい)
  • 有効成分が豊富(ビタミン、ミネラル等、アミノ酸、とくに各種フラボノイドなど)
  • ガンやアレルギー、生活習慣病等への有用性

…などなど、ここではいっぺんにはお伝えできないので、順番にご紹介していきます!

ちょっと難しい言葉も出てくるかもしれませんが、その辺はさらりとながめてもらって(笑)、興味のあるところだけでも見ていってくださいね。