HOME >  プロポリスの成分とは >  含まれるフラボノイドの役割

含まれるフラボノイドの役割

プロポリスのフラボノイド

プロポリスに含まれる主要な成分のひとつにフラボノイドがあります。フラボノイドとは、植物の色素成分の総称で、その数はなんと4,000種以上ともいわれます。

植物は、紫外線や酸化から自らを守るためにフラボノイドを生成しています。なので、そうやって生成されたフラボノイドには強い抗酸化作用があるのです。

プロポリスとポリフェノール

少し前に、赤ワインに含まれるポリフェノールが健康に良いと言われ、話題になりましたよね。
私も健康のため、ちょくちょく赤ワインを嗜んでいます(笑)。

それはさておき、フラボノイドはそのポリフェノールの仲間なんです。とくにプロポリスに含まれるフラボノイドは、20種類以上もあって、その量は、赤ワインと比べ物にならないほど多いのだそうです。
また大豆に含まれるイソフラボン、お茶に含まれるカテキンなんかもフラボノイドの一種だとか。なんだか健康に良さそう&親しみがわいてきましたね。

その機能は多岐にわたり、自己免疫力強化、血液浄化、コラーゲン合成強化、抗菌作用、止血、造血、抗アレルギー作用、抗ストレス作用、消炎作用、などなど数え切れないほどなんですよ。