HOME >  プロポリスの成分とは >  300もの種類がある

300もの種類がある

プロポリスの成分について

300もの種類があるというプロポリスの成分をくわしく探っていきます。

  • 樹脂、膠質・・・・・・・約50~55%
  • 蝋分・・・・・・・・・・約30%
  • 精油、揮発油・・・・・・約10%
  • 花粉・・・・・・・・・・約5%
  • 有機物、ミネラル類・・・約5%

ドイツキール大学ハーブステン教授(医学博士)発表の組成成分より

あれ??
プロポリスの成分って、そんなに栄養がなさそうな…と思いませんでしたか?
何を隠そう、私も最初見たときにはそう思いました(笑)。

けれどもっと詳しく調べていくと…。
5%の有機物、ミネラル類のなかにはぎゅっと有用成分がつまっていることがわかりました。
数十種類もの濃縮されたフラボノイド類、ミネラル類、アミノ酸類、ビタミン類、酵素類、フェノール類、有機酸類…。
それ以外にもプロポリスに含まれる成分は、現在では役300種類ほども確認されているんですって! つくづくプロポリスって奥が深いですね。

人体に必要な必須アミノ酸すべてを含むアミノ酸や、豊富なミネラル、ビタミンもさることながら、最大の特徴はなんだと思いますか?

それは、人間の体内で産生することのできないフラボノイドをとても多く含んでいることなんです。

また、採取された場所によってこれらの組成や成分はまったく異なるとのこと。
それを知って自分に合ったプロポリスを選ぶのも大切ですね。